こんばんは!1年投擲の阿部智也です。
優からの紹介でもあった通り、実は今年はフィールド・マネージャーの1年生5人中3人が阿部というね、60%が阿部ですよ。もう大変大変。ということで自己紹介しますね!

名前 阿部智也
ブロック 投擲
種目 砲丸投げ
学部・学科 工学部 福祉人間工学科
出身 宮城県南三陸町
高校 佐沼高校
とまあ、こんな感じですかね。

陸上は高校から本格的に始めて、中学でも大会に出てました。実は当時は短距離をやってて、投擲にはまったく興味がありませんでした笑。昔の俺はなかなかの足の速さを持ってたのに…
当時の先輩のすすめもあり、ためしに投擲をやってみたら、これがめちゃくちゃ面白い!即投擲を始めました。
高校最後の総体は、自分の力を発揮できず、不完全燃焼で終わってしまいました。めちゃくちゃ悔しい、大学でも陸上やろう!ってことで新大陸上部に入ったわけであります。

そんな新大陸上部の投擲の先輩はみんな面白い上に優しさも兼ね備えています。そして何より、いろんな意味で強い。純粋に選手として強い。そして、個性がかなり強い。本当に個性が強い。そんな先輩たちに早くついていけるよう、もっと頑張ろうと思います。
あ、でもまずは単位は落とさないよう、しっかり取ろうと思う。

そして、2日間の春北が終わりました。春北で活躍していた先輩たちがめちゃくちゃ格好良かったです。それに、1年生も試合出た人めっちゃ格好良かった。これからもっと練習を積んで、大会で活躍し、新大に貢献できるような強い選手に、俺はなる!
皆さん春北おつかれさまでした。

そんな春北の帰り、後発組のバスの中で、今この自己紹介を書いているわけですが、頭もまわらなくなり、そろそろ瞼が重くなって参りました。ちょっと長くなってしまったし、この辺で自己紹介も閉じてしまおうか。そもそも途中から自己紹介ではなくなっているのだが。
…おっとなんだろう。最後列の先輩から何かが入っている箱が回ってきた。
どうやらイナゴのようだ。
「1個ずつ取って回してって!食べていいよ!」
そう言われた私はその箱の中身を取らず、そのまま右から左へ受け流したところでこの自己紹介を終えようと思う。

ちなみに私と同じくそのまま受け流している人は少なくないようだった。

3走みずきへ、バトンパス!